ハラスメント問題を考える

今年は、スポーツ界でハラスメント問題が立て続けに起こっていますね。
時代が平成から新しくなろうとしている中で、学校スポーツや○○協会はいまだ昭和的な考え方なのでしょうか?

運営側の年齢層を見ると仕方ない感じもしますが・・・・

新しい時代に合わせて、意識を変えていかないといけませんね。

これの問題をみているビジネス界の方々も対岸の火事ではありませんよ。わが社にもそんな危険がたくさん潜んでいます。

みんな自分だけは起こさない、自分は大丈夫だという思い込みが自己のもとです。

怒りは高いところから低いところに向かいやすい性質を持っています。

権力を持っている人は、権力を持っていない人に向けて知らないうちにパワハラ的な行動に出てしまいます。

アンガーマネジメントをしていて思うことは、必要だと思われる人に限って「自分には必要ない」「自分よりも他人が受講しなけなければ」と相手を変えようという姿勢が見受けられます。

問題解決は、人を変えようとする前に自分が変わることが前提です。

弊社のMIP-DMP訓練は「私が変われば」が基本的な考え方です。ここはアンガーマネジメントと共通しているところです。

まずは、自分の言動を振り返る。自分の言動の自己認識がスタートです。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください