最高のサービスとは?

いつも数あるブログの中、私のブログを読んでいただきありがとうございます。今日のテーマはサービスについて。

皆さん「サービス」についてどんなイメージを持っていますか?例えばこんなイメージをもっていませんか?

  • 値引き
  • おまけ
  • 無料

サービスを辞書で調べてみるとこう書いてあります。

サービス

①物を直接作ったりするのではなく、生産者・消費者のために必要な便益を提供すること

②相手(客)の満足が得られるように本来の業務(仕事)以外に特別の便宜を図ったり気配りをしたりすること

ある辞書には、奉仕と訳されているものがあります。

まあここから、値引きや、おまけなどがあり、いつの間にかサービスは無償のであると日本では意味づけられているようです。

しかし、一歩に海外に出てみると、いいサービスを受けようとすれば有償になります。

まあ、無償でも有償でもどちらでも好きなサービスの提供のしかたをすればいいと思います。

で今日は「最高のサービス」を考えたときに、日本語の意味では「気配り」とあります。

サービスとは、何か特別なことをしてもらうことがサービスではなく、「当たり前に使えること」「迷わずにできること」が最高のサービスなのではないかと考えます。

特にこのスマホ時代は、なにか特別なことをするよりは、「お客様を迷わせない」「余計な手を煩わせないこと」「不快に感じさせない」などの気配りが最高のサービスにつながると思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください