感情のコントロールはできるか?

経営者に求められるのは、冷静な判断力です。
冷静なということは感情に振り回されずに物事を判断していることです。
消して感情を押し殺してということではありません。

感情は人間にとって大切なものです。
喜怒哀楽があって初めて人間だと思います。

できる経営者は感情的だといわれることもあります。
でも感情に振り回されているのではなく感情を表現しているに過ぎないと思います。

そんな話をしなかがら、こんな質問を受けました。
では「感情はコントロールできますか?」簡単ではなさそうですよね。

感情をコントロールできるかといえば、
答えはイエスです。

やりかたさえ学べば、あとはトレーニングをするだけです。

私が行っているトレーニングは2つです。

1つがアンガーマネジメント、もう一つが方眼ノート(超結果手帳)です。

両方に共通していることが、事実と解釈(思い込み)を分けるところです。
瞬間的な対応はアンガーマネジメントが効果的で、客観的に価値観を見直すには方眼ノートが適しています。

人間の問題の多くは人間関係で、その原因は出来事に対して感情をリンクさせることです。

出来事は出来事と捉え、それにどういう意味付け(思い込み)があるかを分けることをすると、以外に冷静に物事を見ることができます。

実際のところ、ノートに書いてみると自分の思い込みが強いことが客観的にわかります。

もし、感情のコントロールをできるようになりたければ、アンガーマネジメントもしくは、方眼ノートのどちらかでも取り組んで見ることをおすすめします。

今月は方眼ノートの1Day講座、アンガーマネジメント入門講座も開催しています。

弊社ウェブページのプログラムからご参照ください。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください