分ける=解る

今日は問題解決のポイントをお伝えします。
人間生きていれば、仕事にしても家庭にしても何かしらの問題はありますよね?
もちろん私も問題としているものはたくさんあります。

そして、その問題を解決したくて、いろいろな学びに参加したり、本を読んだり、人に相談したりして解決方法を探っています。

もっと簡単に問題解決できる方法が無いかと皆さんおもっていますよね。

もし、今抱えている問題を簡単に解決できる方法があるとしたら知りたいですか?

もちろん知りたいですよね。

その解決方法はノートを使うことです。
え?ノート?と思いますよね?

そう、ノートを書くことです。しかも普通のノートに線を引くだけです。
私も最初は半信半疑でした。

でも実際に使ってみると私の問題もそうですが、クラアンとの問題もあっという間に解決してしまいました。

まあ、ここから先は本当に信じる人だけ読んでいただければいいと思います。

まず、問題解決ができない理由の一つに、人は出来事に対して感情や思い込みを絡めているということです。

例えば同じものを見ていても人によってポイントが違います。
いわゆる認知フィルターと言われるものです。
この認知のゆがみによって問題が絡み合い、簡単なものを複雑化しています。

ここでノートが登場するわけですが、ノートに問題と感じている出来事(事実)と思い込みや感情(解釈)を分けて書くことです。

多くの方が、事実と解釈(思い込み)を紐づけて問題を認知してしまいます。
この分ける作業をすることで問題の本質が解ります。
昔から分けるは解ると言われている理由がここにあります。

事実と思い込みを分けるトレーニングをしていくと物事が冷静に見ることができるようになります。
アンガーマネジメント実践している人は個々を理解できるとものすごく加速して身につくようになります。

ノートを使い始めることで得られるメリットも多数です
・残業が0になった方
・営業成績が上がった方
・忙しい主婦のかたが自分の時間を作れるようになった
・会議の時間が短くなって生産性があがった
・社員との面談に使い社員がやめなくなった

などなど効果は人それぞれですがたくさん出ています。

もし、ご自身抱えている問題を簡単に解決できるようになろたい方は、ぜひ方眼ノートの講座を受けてみることをおすすめします。

私も今月、来月とノートの講座を開催しています。
ノートが変われば未来が変わります。
ぜひ新しい未来を自分の手で開きませんか

方眼ノート1DAYベーシック講座

2018年10月21日
講座時間 6時間 10:00〜17:00(途中休憩あり)
会場:株式会社 村上経営研究所
受講料:37,500(税込み)

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください