練習に時間をかけていますか?

セミナーや研修に参加すると知識や情報は手に入ります。
その得た知識や情報を実際に役立てるには、時間をかける必要があります。

つまり練習することです。

学んだことを身につける為の言葉に
練習、訓練、習練、修練、稽古、鍛錬
などの言葉があります。

一つの物事を自分のものにするために練習が必要なのは皆さん知っていますよね。

知行合一という言葉があります。

意味としては、

知識というものは、行動するためにある。
行動は学んだ知識を実践することであり、
知っていることを行動できていなければ知らないことと同じ
という意味です。

知識は1日にして学ぶことができます。
それは、本を読む、映像をみる、音声を聞くなど簡単に取得できることです。

学んだことを行動に移すには、物理的に体を使わなければなりません。
ですから、練習がひつようですし、できるまで時間をかけ流必要があるわけです。

つまり、目標やゴール、なりたい自分像に近づこうと思うなら、練習という時間をかけることが必須なわけです。

最近は知識や情報がすぐに手に入る時代です。
「こうすればできる」
「誰でもできる」
「簡単〇〇テクニック」
などがありますが、なぜ、そういった本や情報が売れるかといえば、
学んで練習しな人がほとんどだからです。

もし、皆さんが、本当に変わりたい、目標としている自分に近づきたいのであれば、いったん新しい情報は取らずに学んだことを一つ実践してみませんか?

練習は裏切らないという言葉もあります。

学んだことを一つ決めて練習に時間をかけてみましょう。

きっと違った結果がついてくると思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください