人材育成するときの考え方

企業を成長、発展させていくには、人材を育成していくことが大事だといわれています。
多くの企業でも人材育成には力を入れていることと思います。

私が人材育成をしていくうえで、大事だと思っているポイントが3つあります。
その3つとは

  1. 持っている力を引き出す
  2. 出来る、よくなるという前提にたつ
  3. 生きていく力を身につける

この3つです。
日本では教育と育成となるとどうしても教えるというのが前提にあるように思います。私は「気づくことが」持っている力を引き出すポイントだと思います。

ですから、「そうすればいいのか!」「そんな方法もある!」「そうだよなー」などと気づいてもらうことに焦点を当てています。

日本では教育を英語に訳すとeducationとなります。この語源はラテン語のeducatioで意味は「~外へ導く」となるそうです。

では、どこへ導くかと考えると、自分の知らない世界、無知の世界から知恵の世界へ、偏見から多面的にみられるものの見方ではないかと思います。

つまり、知らないものを知り、新しい可能性を導き出し、新し世界を創造して行く力を引き出すのが教育だと私は解釈します。

知りたい!学びたい!と思わせることがまず最初ではないでしょうか。きっかけは強制的かもしれませんが、知ってよかった、もっと学びたいと思わせるプログラムでないと人は成長しないのだと思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください