AI時代に生き残るには?

こんにちは、村上です。
今日はずいぶんと寒く感じますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

こういう寒い日はおでんや鍋料理など温かいものがいいですね。
さて、今日のテーマは、「AI時代に生きのこるには?」 について書いていきます。

昨今AIの話題が尽きないようにあります。AIによる失業がこれからどんどん出てくるという発表もされています。

細かいことはよくわかりませんが、色々なところでAIの技術が使われていおり、知らないうちに少しずつ仕事の質が変わってきているようにもおもいます。

ではAI時代に生き残るにはどうすればいいのか?

AIと同じ土俵戦っては、人間には勝ち目はないでしょう。
ならばAIがまだ得意ではないところで勝負するしかありませんね。

人間に出来てAIが得意でないもの、それははコミュニケ―ション能力だといわれています。

ですから、今コミュニケーションが得意ではないと思っているならば、ここを磨いていくことが今後生き残っていくポイントだといえますね。

さて、皆さんはコミュニケーション力をアップするにどのようなトレーニングをしていますか?

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください