AI時代に生き残るには(2)

11月になってはじめての投稿です。ブログを書いていると、途中から表示が先に進まなくなり、文章が書けない状態でした。昨日やっと原因がわかり、やっとこれで更新できる状態です。

さて、今日はAI時代に生き残るにはの続編です。前回はコミュニケーション力を磨いていくことがポイントになるとお伝えしました。

では、コミュニケーション力を磨くにはどうすればいいか?

一番いいのは、人と話をすること。
例えば、コミュニケーションテクニックは色々あります。

でもそのテクニックを使わなければ宝の持ち腐れになります。また、意識しながらそのテクニックを使ってもぎこちない会話になってしまいます。

そこに必要なのが実践です。日常会話の中から実践していかなければ、テクニックは身に付きません。

私がやっているアンガーマネジメントもそうですが、日々テクニックを使いながら実践して、怒りに振り回されない体質を創っていこうとするトレーニングです。

コミュニケーションも、日々人と会話をしながらでしか身に付きません。
自分の思っていることがどうすれば相手に伝わるか、相手の伝えたいことを理解できるかを意識しながら会話をしていくことで、自然と身についていくものです。

コミュニケーションで大切なのが共感を得ることです。
これはテクニックでは伝えられません。その人の熱い思い、本気が相手に伝わります。

こういったことを学び実践していかなければコミュニケーション力は磨かれないと思います。

何事も日ごろからのトレーニングが成長するポイントです。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください