選ばれる続ける会社になるには?

企業経営をしていく上で、社会やお客様に選ばれつづける企業にしたいと思いますよね。

世の中は常に競争社会です。
競争は技術やサービスを向上させるといいますよね。

競争相手がいるからこそ、価格や品質、技術やサービスなどをお互いに切磋琢磨をしてお客様に喜んでいただき、また市場の活性化にもなります。

では、価格やサービスが同等であるとき、どうすればお客様に選ばれ続ける企業になれるでしょうか?

私はここがポイントだと思います。

それは、かゆいところに手が届く気配りや心遣いです。

先回りして「ここまでやっておきました。」「こうしたほうが後で手間がかからないですよ」とかこちらが頼んだことのほんのちょっとプラスしてくれる行為です。

本来ならそれが価格に反映されるのでしょうか、「どうせやるならついでに」気配りしてくれているという気持ちがお客様の心を掴むと思います。

実は日本の企業はこういったサービスをしてくれていたのですが、最近は少なくなりましたね。

AIやロボットとの競争になる時代、人間ができるのは、人の心を動かす行為です。かゆいところに手が届く心遣いだと思います。

お客様に感動をしていただくには、かゆいところに手が届くような目配り、気配り、心配りができる人材を育てていくことです。

知識だけではなく、人の心を動かせる、人間教育、共感できる人材育成をすることをおすすめします。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください