四股を淡々と踏めば勝てる!

昨日は大相撲九州場所千秋楽でしたね。優勝は貴景勝関。おめでとうございます。また、福岡ソフトバンクホークスの優勝パレードもあって福岡はすごかったようです。今日のタイトルは、景勝関が 小学校の時に前の親方貴乃花からもたっら言葉だそうです。

貴景勝が、小学校の時に前の親方、貴乃花から教えてもらう機会があったそうです。その時にこう質問をしたそうです。

「どうすれば曙や武蔵丸などの大きな相手に勝てるのですか?」
貴乃花はこう答えたそうです。

「四股を淡々と踏めば勝てるようになる」
いまでもこの基本を大切にしているそうです。

その結果が今回の優勝につながったこと間違いないと思います。

四股を淡々と踏めば勝てるようになる

素晴らしい言葉ですね。
分かりやすく、そして今すぐにでも出来る言葉ですね。しかも、相撲の基本中の基本。

結果を出すためには、基本を淡々と行うことです。

先日ある会議でも同じようなことを聞きました。
それは、釣りをされる方で、強いプロとそうでないプロの違いを研究されてるそうです。強い秘訣を質問すると、常に基本に立ち返ることだと。

でも、ほとんどのプロはこれをやらないということだそうです。
強いプロがやっている行動は、常に基本に立ちかえり、基本に忠実に行うことで結果を出しているということでした。

これはビジネスでも言えることです。
弊社のプログラムMIP-DMP訓練では、
「経営の要諦は、当たり前のことを当たり前におこなうこと」
と言っています。

そう、経営の当たり前とは

  • 挨拶、礼儀
  • 朝礼
  • 5S
  • 報連相
  • 約束をまもる
  • 感謝の心

など、言われれば当たり前のことで、本来は言われなくてもできなければなりません。
でも、つい・・・が多いのではないでしょうか?
私たちはできない理由をならべ基本をないがしろにしがちです。

以前も書いたと思いますが、今年引退した西武ライオンズの松井稼頭央さんも同じようなことを言っていました。

何事も基本が大事、程度の差はあるかもしれませんが基本の基本を徹底する。
継続は力なりですね。

さあ、2019年に向けて再度基本の確認徹底です。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください