人は心地よいところに集まる

このところ暖かいひが続いていますね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
外国人労働者の受け入れの問題も含め、多くの企業が人材不足があるようです。
中には人材不足で仕事はあるのに受注できない状態もあるようです。

企業は人なですから、やはり人が集まる企業にしていかなければなりません。
今日は、人が集まる組織とそうでない組織の違いを考えてみます。

人が集まる会社か集まらない会社の違い

人が集まる会社(組織)と集まらない会社(組織)違いはと思いますか?

それは、心理的要因が、大きなポイントだと思います。
人は安全、安心なところ、言い換えると心地よいところに集まります。

それは生物として命にかかわるので、本能的に選んでいます。

安全には2種類あって、私は物理的な安全と精神的な安全に分けられると考えます。

また、安全は仕組みであり、安全は感情だとも言い換えられます。
安全でなければ安心は得られないのがこの関係です。

さらに心地よいとは、リラックスした状態と言う意味もありますが、不安を感じな、自分がここにいてもいいという生命的な危機を感じないと言うふうに取ることもできます。

つまり、人が集まる、そこに人が集まることを考えてみると、物理的な安全・安心と精神的な安全・安心が担保されているのではないでしょうか?

あと、楽しいところに人は詰まりますが、楽しいですが命の安全、安心が担保されていなければ人は集まりませんよね。ですから、ここは見えないけれど大事なポイントだと思います。

精神的な安全・安心な職場環境をつくるには、レベルの高いコミュニケーション力が求められてきます。

特にダイバシティ、多様性を考える上では、自分と違う価値観を持った人間とどう付き合っていくか、その中でいかに成果をあげていけるかが求められます。

社員が辞めていくというのは、いい人間関係が築けずにストレスを抱え、精神的に安全・安心な組織を感じられないのでそこから離れていくと考えられます。

そこで有効なのがアンガーマネジメントです。

人は自分と違う価値観を持った人と接したときに怒りを少なからず感じていまその感じた怒りをコントロールしてコミュニケーションが取れる技術を学ぶことができます。

つまり、これから人が集まる組織、成果を上げる組織にすためには、多様な価値観をもったチームをまとめて成果を上げられるコミュニケーション力、リーダーシップが求められます。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定
 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
 アンガーマネジメントコンサルタント™
 アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントアドバイザー™
 アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
 アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
 アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™
 アンガーマネジメントトレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定
 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定
 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください