「ありがとうございます」が未だに言えない会社

11月にはいってグンと寒くなりましたね。

みなさんいかがお過ごしですか?

さて、私の仕事は出張が多く、いろいろなところにいく機会があります。

先週のこと、研修会場に移動するときのことです。

その会場に行くには、駅から少し離れていることや、荷物がたくさんあるので、

私はよくタクシーを利用します。

どの業界も競争が厳しくサービス、特に接客には力を入れているところが多いと思います。

 

そんなかなでも、いまだに「乗せてやる」てきなタクシーがあることも事実です。

 

ここからその内容です。

 

いつものごとく、タクシー乗り場まで行ったときに、

ドライバーさんがドアを開けて

ドライバーさん:「荷物はトランクに入れる?」

といきなりため口

 

私:「トランク開けなくて大丈夫ですよ」

タクシーに乗ると

 

ドライバーさん:「どこまで?」

私:「〇〇研修センターまでお願いします」

ドライバーさん「〇〇研修センターね」

ここまで顔を見ることなく、笑顔もなくミラー越しの会話。

 

約10分ほど終始無言で現地に到着。

 

ドライバーさん「〇〇円ね」

私「領収書ください」といってお金を渡す

ドライバーさん:領収書とお釣りを渡してくれる時に

「どーもー」

私:「ありがとうございます」

 

と、ここまで。

 

いまだにこういう会社があるんだなと思いました。

 

まあ私的には、ネタになるのでイラっとはしませんが。

人によってはイラっとするんやないでしょうかね。

 

なんでもないことですが、たった一人の何気ない行動が会社の印象を決めてしまいます。

 

みなさんの会社ではそのようなことが起きていないですか?

商売なので「ありがとうございます」が普通に言える会社にしましょう。

 

関連記事

  1. キーワードはJK

  2. 今更ですけど読み直すと気づくことがある

  3. MIP-DMP訓練とアンガーマネジメントと方眼ノート

  4. コツコツと積んでいく

  5. 今日は「まち☆ナビ」です

  6. 2017年に向けて新たなスタート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。