あなたにもあるロードレイジの危険性!

ここのところ、危険運転(ロードレイジ)がマスコミで取り上げられています。

今朝も(一社)日本アンガーマネジメント協会の安藤代表がテレビでコメントをされていました。

 

安藤代表がコメントでもお伝えしていましたが、

危険運転は「誰もが加害者になてしまう可能性がある」

ということは認識しておいたほうがいいと思います。

 

なぜなら、怒りの感情は誰で自然に持っているものだから。

「自分だけは絶対にない!」とは言い切れないのです。

 

厄介なのは、怒りの感情はプラスにもマイナスにも働くということ。

その取扱い方を知っているか知らないかは大きいと思います。

 

もちろん運転に限ってだけではなく日常生活についても同じです。

 

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング。

年齢、性別、職業も関係なく誰でも取り組めるものです。

 

自分が加害者にならない為に、自分の会社の社員が事故を起こさない為に

企業研修に、もっと言えば子供の教育現場から

アンガーマネジメントに取り組んでいただきたいと思います。

 

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください