ストレス緩和法にアンガーマネジメント

 

2015年の12月に従業員50名以上の事業所には、ストレスチェック制度が義務化されました。

あれから2年がたちます。

そのストレスチェックの結果、多くの企業では、ストレスの原因の多くが上司との人間関係があるようです。

このストレスが少しでも緩和されれば、もっと働きやすい職場環境になり生産性もあがると思います。

 

実はアンガーマネジメントの考え方と、トレーニング方法を導入すると人間関係のストレス緩和効果がある言われています。

実際に私もそう体感をしています。

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングで

年齢や性別職業に関係なく誰でも簡単に取り組めるものです。

 

個人で取り組んでももちろん効果的ですがチームや組織で取り組むと素晴らしい効果を発揮します。

ご興味のあるかたは一度アンガーマネジメントの入門講座を受講されることをお勧めします。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください