アイディアはいつ生まれるか?

 

先日あるセミナーに出ていて、「アイディアを思いつくのはいつか?」

という問いがありました。

その中で、次のような意見がありました。

  • 電車や車、飛行機などでの移動中
  • 散歩中
  • お風呂に入っているとき(シャワーも含む)
  • トイレ
  • 寝ようとして布団に入った時

など。

30名いた中で出てこなかった場所が一つあります。

どこだかお気づきですか?

 

それは

 

自分のデスクで仕事をしている時など

会社にいるときにはアイディアは出てこない

という結論になりました。

 

コトバンクに

欧陽脩「帰田録」の「余、平生作る所の文章、多くは三上に在り。乃(すなは)ち馬上枕上(ちんじゃう)・厠上(しじゃう)なり」から》文章を考えるのに最も都合がよいという三つの場面。馬に乗っているとき、寝床に入っているとき、便所に入っているとき。

とありました。

 

昔も今もアイディアや文章を書くときは

会社でや自分のデスクではない場所のほうが

出てくるということになりますね。

 

アイディアはいつ生まれるか?

それは

会社ではない場所。

 

なので会議室でブレストなどをやってもいいアイディアや意見が出ないのは当然ですね。

 

アイディア出しは

会社以外の場所でリラックスできる環境づくりがポイントのようです。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください