人生100年時代は本当か?

今日は「人生100年時代は本当か?」について考えてみました。
最近、人生100年時代と言われなんだか不安を煽られている気がします。
確かに、昔に比べれは元気な高齢者のかたは増えています。
医療の進歩やサプリメント、健康に気を使った食事などでの影響はあるようです。
しかし人生100年って本当でしょうか?
だれでもその可能性がないわけではありません。
実はここに落としあながあると思います。
なぜなら、明日があるという保証はない。
今は今しかないし、今日は今日であって明日という日ではありません。
因果の法則で考えると
今(原因)が明日(結果)につながるだけなので
結局
「今どう生きるか?」
が常に問われているわけです。
ただ何気なく生きても、
目標をもって生きても
それはその人の人生選択です。
もし、人生100年時代を考えて不安に思うのなら
5年の自分を描いて、それに向けて今を楽しむんで行動することだと思います。
結局この積み重ねの結果がなので。
私でいうと、今から50年先を考えるよりは。
5年を10回考えて行ったほうがなんとなく気持ちが楽ですし、
楽しめると思います。
人生100年時代を生きるには
5年後を目指して今を楽しむことだと思った次第です。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください