行動しないのは知らない事と同じ

弊社のプログラムは最後に訓練と付いています。

理由は、行動しなければ知らないことと同じという考え方があります。

そして、実際に体をつかって体験から学ぶ仕組みを使っています。

その方が記憶定着率も上がります。

陽明学に知行合一という考え方があります。

王陽明の伝習録という本のなかにこうあります。

「知は行の始なり、行は知の成るなり」

知識は行動のためにあり、行動は学んだ知識を成果にむすびつけるためにある。

だから学んでも行動しなければ、知らない事とおなじだということ。

方眼ノートの師匠でもある高橋政史さんは

「使わない知識はゴミ」と言われました。

学校では知っていれば点数がもらえるので認めてもらえますが、社会に出れば、知っているだけではダメで、知知っていることを行動しているかが評価になります。

そして知識と行動にはギャップが生まれます。

その知識と行動のギャップをうめるために練習、訓練があるのです。

知っていることを行動に移す

できなかったところを修正してできるまでやる。

これが上達している人のポイントですね。

知行合一の原則で行動してみましょう!

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください