怒る側と怒られる側の大きな違い!

昨日、今日と東京でした。

そんななか見つけた雑誌がこちら

 

怒る側と、怒られた側の意識の違いが載っています。

この認識の違いを知らずにいると

チームや組織の成果が上がらない、モチベーションが上がらないのは

上司であるあなたが原因になっているかもしれません。

 

怒り方を間違えると、相手に及ぼす影響もさることながら、

自分自身も損していることがあることも知らなければなりません。

 

怒りの感情が取り扱いが難しいのは、よくも悪くもなるということです。

この怒りの感情の取り扱い方学ぶのがアンガーマネジメントです。

 

実は「怒り」の感情にフォーカスして学びますが、実は、学びを深めると

人生そのものに影響するほどの内容です。

 

特にビジネスマンはこの怒り感情の取り扱い方を間違えると

これからの人生に大きく影響します。

 

私はアンガーマネジメントは必須のライフスキルと言っています。

人間関係の悪い職場といい職場では、生産性が大きく変わるというデータもあるようです。

 

この本の中に

一般社団法人 日本アンガーマネジメント協の調査結果が乗っています。

また、下記リンクをクリックすれば、データが公開されていますのでご参照下さい。

 

新・管理職の方は「怒り方」に要注意!

 

アンガーマネジメントで上手な怒り方をマスターすれば、

プライベートでの人間関係や仕事の人間関係も改善される信じています。

アンガーマネジメントを企業研修に導入してみませんか?

 

 

21731ad65f5a1c5459f56a17e58eb544_s

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください