スキルに頼らずツールで解決する

12月23日は方眼ノートトレーナー強化研修会でした。

今年認定された0期〜2期までの24名が集まり、本年度の活動を事例を交えながら報告いたしました。

この事例がとても素晴らしく、私としては素晴らしい財産となりました。

その中の事例をいくつか紹介します。

  • 方眼ノートを自社の人材育成のツールとして採用して6ヶ月で離職率0%なった
  • 部下育成の状況が把握しやすくなり、スキルに頼らず後輩の育成ができるようになった
  • 派遣家庭教師19歳のアルバイトの学生が150万円の契約を成功させた
  • 数学20点台の中学生が90点台になった
  • 人前で話したことのない職人さんが3分間プレゼンを成功させた

などなど、聞いていてワクワクするような事例が盛り沢山でした。

どの事例も、個人のスキルアップの研修というよりは、方眼ノート使いはじめた結果です。

今まで色々研修を採用したけど上手くいかなかった事が、大袈裟に言うと

ノートを変えただけで効果が数倍にもなったという事例です。

もちろん、今までの研修がノートを変えることにより、より具体的に行動しやすくなったといったほうがいいかもしれません。

企業は成長しなければなりませんから、社員のスキルアップはもちろん重要です。

しかし、その効果を格段に上げるのが方眼ノートだと私は感じています。

今の現状で何かうまくいかないのは、実は社員のスキルの問題ではなく

ノートの使い方に問題があったのかもしれません。

 

ということで私も企業研修はもちろんですが、

2017年は一般向け方眼ノート1Dayセミナーを開催予定です。

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください