会社ができることは育つ環境を創ること

4月にはいりましたね。

今からOJT,OFFJTも含めて新入社員研修が忙し気なる時期です。

新入社員が育つか育たないかは会社がどのような環境を整えているかによって変わってきます。

昔は先輩の仕事を観て盗めなんてことをいわれましたが、

いまは観て盗むと言うよりは、位置から手とり足取りと言った感じでしょう。

やり方は時代によって変わるし、会社によっても基準が番うでしょう。

しかし、一番教えなければいけないことは基本です。

普遍の原理、原則、法則を学ぶことです。

あとは教えないこと。

教えなくても学べるような環境をつくっていくことですね。

ですから、新入社員を教育するにはまずは上の立場にいる人が自ら成長して

自分たちの後ろ姿を見せることです。

そして、考えさせる質問をしてきづかえることが一番の教育だと思います。

人は育てたように育ちます。

会社側は入ってきた人材が育つ環境を整えることを考えましょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takaaki Murakami
株式会社 村上経営研究所 代表取締役
公益財団法人 日本生産性本部 認定経営コンサルタント
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
認定 アンガーマネジメントシニアファシリテーター™
   アンガーマネジメントコンサルタント™
   アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー™
   アンガーマネジメントアドバイザー™
   アンガーマネジメント叱り方トレーナー™
   アンガーマネジメント✕怒らない体操インストラクター™
   アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™

一般社団法人 日本ノートメソッド協会
認定 方眼ノートトレーナー(マスターナビゲーター)

一般社団法人 ビジネスモデルイノベーション協会
認定 ジュニアコンサルタント

MIP-DMP訓練を受講する

1975年の創業以来、MIP-DMP訓練は多くの企業様の人材育成のサポートをしてましりました。
「いい会社」をづくりには、いい人材を育てなければなりません。
一番は経営者自らが学び、変革していくことが重要なポイントです。
企業を革新するには、人の意識革新が必要です。
意識革新、イノベーションを起こすポイントは非日常を体験することです
また知的な刺激、心に衝撃が走るほどの体験がイノベーションを加速します。

企業革新、人材育成に、経営の原理・原則、法則が学べるMIP-DMP訓練をご活用下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください